スティッカムで簡単ライブ動画配信
大画面&チャット&過去録画

2005年01月11日

原子力空母、5つの嘘

1001.jpg横須賀の呉東正彦弁護士(原子力空母の横須賀母港化を考える市民の会こちら代表)による、「原子力空母の横須賀基地への配備は横浜市民の命と安全に関わる重大な問題」という講演より、日米両政府が言う「原子力空母は安全だ」等の5つの嘘の部分を紹介します。

■WMV-PD⇒こちら 11分

原子力空母の母港化と池子住宅建設との関連、及び問題点は
■WMV-PD⇒こちら 9分
  
2006年1月14日に行われた、『池子の森アンケート調査報告&原子力空母配備問題報告会』(主催・池子の森を守る会こちら)より。

 

安全なはずの牛肉も、末端ではいい加減な作業をしていたようですね。
何事も建前はいいことを言っていても、実際にはそんなもんでしょう。
東海村の事故も、現場作業員の単純な手抜きが大事故に繋がりそうだったわけですし。

米軍からのリアルタイムの発表は期待できないということで、横須賀市では、市が放射能測定器を基地周辺に設置し、常時監視体制をしいています。でも、これも緊急時に住民に早急の避難指示ができるのかというと、はなはだ疑問です。
東海村の事故のとき、事故が発表される前に発電所関係の生徒だけ、家族が「早退」の迎えにきたそうです。「危ない」兆候は、現場の家族の動向をみているのが一番早いみたいです。
基地に働く日本人も多いので、そのような人たちの家族の動向を見ているネットワークを作っておくのが、住民が自らを守る術なのかもしれません。
ちなみに我が家は原子力空母の核施設から10キロ圏内の「避難区域」にあたります。何か異常があったら、遠隔地に逃げる時間もないでしょうから、外気を遮断した室内に篭ることが、避難になるようです。



posted by citv橋本 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和・基地問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。